前へ
次へ

法律に縛られない結婚という選択

法律というと、必ず守らなければならないこと、というイメージがあります。
もちろんそういうものもありますが、縛られなくてもいいものもあります。
たとえば、最近は事実婚という生き方がだいぶメジャーになってきています。
本来は婚姻届を出して法律的に夫婦になるのが当たり前でした。
今でもそうしなければ各種控除が受けられないなど制限はたくさんあります。
しかし、必ずしも法のもとに夫婦にならなくても夫婦として生きることも可能なのです。
結婚にまつわる法律はさまざまで、夫婦が別の姓を名乗ったり、同性同士で婚姻したりなど時代に合わせて変わりつつもあります。
いずれは、事実婚でも法律婚と同じような控除が受けられるようになったりと、また変わっていくのかもしれません。
そもそも法は国民の安全で幸せな生活のためにあるものです。
やみくもに縛られるのではなく、まずは自分の無理のない生き方を選び、「自己責任のもと法に縛られない生き方」を模索してみましょう。

Page Top