前へ
次へ

契約書をきちんと作る必要性とは

契約書を作り込む理由のひとつに内容確定力が存在します。
契約の取り交わしは口約でも成り立ちますが、口約くらいでは、契約の中身について当事者同士で曖昧な所が出たり、誤解を出てきてしまうリスクがあります。
契約書といった書面というようなスタイルにすることを通じて、両者が勘違いしてしまうことを少なくすると同時に、約束事を明らかにすることが可能です。
このことが、契約書の効用とされる内容確定力になります。
しかしながら、書面化するからと言って有耶無耶の表現や誤った認識を発生させやすい表現を利用して契約書を作り上げてしまうと、紛争の要因になりますので、留意することが大切です。
書面にする上で、相互に明白かつ理解しやすいものを作り込むことが大切だと考えられます。
また、 契約書の重要性として証拠力が挙げられます。
自販機であれば、料金を入れるとすぐ出ます。
契約の取り交わしの成立と共に契約の目的が成し遂げられます。
そのため、あとあと契約の締結があったとか、契約の取り交わしがなかったというような懸案事項は発生しません。

Page Top